ロック/ポップス等におすすめアコギ音源Prominy Hummingbird レビュー【オススメDTMプラグイン】

      2017/07/12

Hummingbird_screenshot_mix今回はオススメのアコギ音源Prominy Hummingbirdについてのレビュー。
Prominy製プラグイン

このプラグイン最後らへんのシ者さん(PENGUIN RESEARCH 神田ジョンさん)等が買ってるのを見て知ったのですが、
普通にギタリストさんとかでも作曲とかの為にアコギ音源買ったりしてるのでギタリストさんにも作曲用としてオススメです。
サンプリング元のギブソンのハミングバードは30万くらいする物なのでそれをこの価格で自由に操作し作曲に使えるのはとてもありがたいですね。

まずは音源を聴いてみましょう。


はい、凄くいい音です笑
よく聴くとほんとに細かいキュッキュッとした音なども入っていますよね。

DTMで作曲編曲やっている方なら分かると思いますが、よく穴埋め用の音が欲しいって時あります。
そんな時パッド系のシンセを使ったりしますが、これがあれば

ロック/ポップス曲の穴埋め用のバッキング音に超使えます。

市販のポップス曲なんかでもよく後ろのバッキングでチャキチャキしたアコギが入っていたりしますよね。
Hummingbirdは元のアコギの特性(GibsonのHummingbird)もあってか割と軽やかな音です。
なのでアコギとボーカルだけみたいなシンガーソングライターな人の曲よりかは、
もう少しアンサンブルがあるような曲向けなんじゃないかと思います。

自分は普通にアコギも持っているのですが、なかなか録音が大変だったり実際録っても品質問題も発生します。なのでこういった高品質なアコギ音源があると作曲が物凄く捗るので数あるサンプリング打ち込み音源でもドラム音源と並んでこういった高品質なアコギ音源はオススメできます。

KONTAKT 5が必要

Native instrumentsのプラグインKONTAKT 5(&無料版のPlayer)に読み込んで使います。
<KONTAKT 5 PLAYER無償ダウンロードリンクはこちら>

製品版の打ち込みプラグインはKONTAKT 5に読み込ませて使うタイプのものが物凄く多い(そればかり)のでここは躊躇せずにKONTAKT導入をオススメします。

キースイッチ

製品版の打ち込み音源には大体キースイッチが導入されています。

スクリーンショット 2016-04-07 19.09.08このようにピアノロールの下の方にスイッチが割り振られており、それによって様々な奏法を操作する事が可能。(Hummingbirdではなんとそのリアルさを追求する為コードワークの際はコード毎にサンプリングされたものを使えます。)

なのでこの写真のように上でFコード等と決めた上で、下方のキースイッチによってmコードにしたり7コードにしたりとできます。
もちろんこれをアルペジオで弾いたり、瞬時に単音弾きに移ったりもできます。

数あるアコギ音源でもこのProminyのHummingbirdは最高品質の音なので是非オススメします。
あとProminy(プロミニー)は国内企業でもあるので頑張ってもらいたいですね。

ブログの情報はこちらで配信してるよ!

 - DTM, 紹介/レビュー

ここに広告コード