家のにゃんこ動画が500万回再生されたので、猫と猫おすすめ周辺グッズを紹介してみる

      2017/09/19

家の同居人のにゃんこ様のさくらちゃん(女の子)

そんなさくらのTwitter動画がバズって、
5700RT & 5000イイネが付いたのと同時に、
海外のInstagram(転載)では500万回再生OVER
そして多数の国内外メディアから取材や連絡が来たので、今回そんな猫のさくらと、おすすめグッズ等を紹介してみます。

家の猫動画がNHK 地上波全国TVデビューしました【4時も!シブ5時】


動画

◯Twitter

◯海外Instagram (転載)
最終確認時500万回(OVER)再生 削除済
Instagram リンク 削除済み

さくら 写真編

子猫時代

おすすめグッズ

水飲み

猫によってはこれじゃなきゃ!みたいなのも出てきたりしますが、
衛生面を考えるとこういうシンプルなタイプがオススメ。

↑ベストセラー1位 衛生的に気持ちよく飲めそうな感で自分も現在これを使用中

よく1週間水取替不要と書いていたりする自動水飲み機がありますが、
実際そこの水を触ってみるとヌルヌルで気持ち悪い。

そりゃ何度も口を付けた水が何日もその小さい中を循環してるんですからかなり汚いですよね。

特に気づきにくい部分として、
中に水を循環させる為のモーターが内蔵されているのですが、あの中がとにかく汚くてカビだらけ。
初めてモーターをかなり細かく分解できる事に気がついて開けた時は衝撃でしたし、
それから定期的に空けて清掃してもすぐに黒カビだらけになります。

猫は気持ち悪いとかも言えないですし、衛生面を考えたら普通に綺麗な器に人間のコップと同じような感覚で洗って入れてあげる方がいいですよね。

基本自分がその水を飲みたいと思うかと考えてやると、
あの循環器の中の水は絶対飲みたくないですし、
器もステンレスなのは微妙なので、陶器やガラス製のものが丁度気持ちよく飲めるのではないでしょうか。

給水器を使うなら極力内部構造がシンプルで、衛生的に保てそうなのが◯

ご飯の器

これも自分がこれで食べたいかで考えます。
ステンレスのものは軽いし最初はいいんですが、
とくに洗い物なんかをして擦ってると結構金属の匂いが出てくるんですよね。

プラスチックも傷つきやすいですし、ちょっと不衛生。
自分が利用しててもプラスチックだとそれを感じる事ってありますよね。

それで陶器やガラス製等のものに変えると、猫の食べる勢いも変わりました。

おもちゃ

冒頭の動くおもちゃは子猫なら無邪気に遊んでたかもしれません。

ただやっぱり本当に遊んで貰おうと思ったら、
人間が相手に楽しんでもらおうと動かさないとすぐそっぽ向いちゃいます。

なので能動的に動かして猫と遊べる普通にシンプルなおもちゃだと遊んでくれるのでよく利用します。
うちの猫は紐なんかも大好きなので、クルクル回したり宙で動かしたりするとかなり遊んでくれますね。

↑光線系も結構使えます笑

猫は突発的に動くものに異常に反応しますので
何かを投げたりしたら全力で走って追いかけます。

ねずみ

こういった小さいねずみのおもちゃも猫によりますがずっと遊んでますし、
そういう猫じゃなくてもこれを投げるとかだけでも全力で追いかけていきます。

入る系

猫って何故かダンボールが凄く好き

Amazonとかで買い物してダンボール等が届くと、
猫が入ったり遊んだりするので、数日そのままにしておいたりします笑

そんな中、ダンボールの猫グッズで買い替えもしてずっと家に置いているのがこちらのサークルタイプ。
直径37cm レギュラーサイズ うちのにゃんこ愛用中

直径44cm ビッグサイズ

↑の写真のように、よく猫が丸くなって入っている画像とか見ますよね。

基本その時その時で好きな場所にいますが、このダンボールサークルの中にもかなり高頻度でこの中にいます。

ダンボールの他にはこういった筒型のトンネルタイプもよく利用します。

掃除の際に部屋の隅に折り畳んで片付けていたのですが、いつの間にかそこが隠れ家的になってよく潜んでいます笑

爪とぎ

猫は爪を研ぐので爪とぎは必須
子猫の時からちゃんと爪を研ぐ場所を提供していれば、壁等で研いだりはしません。

そんな爪とぎですがダンボールタイプは消耗が激しく、ゴミクズも沢山出てくるので非推奨。

ほんの若干高くても麻等のタイプであればかなり長期間使える上、ゴミも出てこないのでオススメです。

ただ子猫の時は爪とぎを覚えさせる為にも、ダンボールタイプと併用して色んな場所に置いておくといいかもしれません。

↓のようなキャットタワーに使われるようなタイプの爪とぎもかなり長持ちしますし、その辺転がしてるだけでも使ってくれます。

ご飯

欧米の方が基準が厳しいという事で、最初は欧米産のいわゆるプレミアムフードのみをあげていました。

ただ以前ニュースで、世界一長生きしている猫の特集でずっとフライドチキンをあげているというのを見て、まあフライドチキンあげるのはアレですが、
少し考え変わったんですよね。

「健康に良い」という理由でのご飯の選定はいいのですが、
例えば人間だって“健康に良い”という事でずっと健康食だけを食べているのは長い人生的にしんどいですよね。
“健康に悪い”と言われたからといってマクドナルドだって行きたいです。

なので今はカリカリに関しては、単純に食いつきの良いものをと選んでいくつか購入して回していってます。
(うちの猫は同じものがずっと続くと嫌がるんですよね)

ただ缶詰等は虫歯・歯周病の元になる等、直接的な影響も出てきますので、頻度や歯磨きには気をつけないといけません。

歯垢除去系 おやつ

少し小さくしてご飯の中に混ぜてあげると食べてくれやすいかと思います。

面白系

猫を溺愛していると、自分も猫と同じように愛でたくなりますよね。
そんな飼い主の為には自分も疑似的に舌を使ってグルーミング出来るグッズが発売されています。
LICKI BRUSH (リッキーブラシ) キックスターター発

最後に

自分はある程度大きさのある動物を飼ったのは猫が初めて。(実家ではハムスターを飼っていた事もありますが)

なので、動物にどの程度の自我があって、どの程度意思疎通出来るのか全くの未知数でした。

ただいざ飼ってみると、同じ哺乳類という事もあり、根本的な部分は人間と変わらないなという印象。

舐められた場所を匂うと人間と同じ唾液の匂いがしますし、人間がやられて嫌な事は猫だって同じように嫌です。

あと猫は人見知りするので、人が家に来た時は緊張して何を考えているか分からないかのようになりますが、
家で家族と過ごしている間は普通に家族としてリラックスし、意思疎通もかなりします。
人が見えなくなって一人になるとすぐ寂しがりますしね。

そんな訳で今後もにゃんこを愛でながら音楽制作・ブログ更新していこうと思います。

関連記事

ブログの情報はこちらで配信してるよ!

 - 特集, 紹介/レビュー

ここに広告コード