【速報】黒くて話題のiMac pro、12月14日に発売決定!プロも納得の最強スペックiMacきた!【Apple】

   

12月発売予定でなかなか発売日が発表されなかったので、本当に12月に発売するのかと不安になっていた方もいるかと思いますが、
Appleから日付代わって明日の12月14日に発売とアナウンスされました。

キャッチコピーは『プロに力を。』

スペック

■ディスプレイ

27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ
5,120 x 2,880ピクセル、十億色対応
500ニトの輝度 、広色域(P3)

■CPU

8コアIntel Xeonプロセッサ
(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
CTO:10コア/18コア

■GPU

Radeon Pro Vega 56
8GB HBM2メモリ
CTO:Radeon Pro Vega 64(16GB HBM2メモリ)

■RAM - メモリ

32GB 2,666MHz DDR4 ECC
64GB/128GBに変更可能
ユーザーで交換不可

■ストレージ - 容量

1TB SSD
2TB/4TBに変更可能

■接続と拡張性

SDXCカードスロット(UHS‑IIに対応)
USB 3(USB-A) x 4
Thunderbolt 3(USB-C)x 4
1Gb、10Gb Ethernet(Nbase-T Ethernetは1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応)

■サイズ

高さ:51.6 cm、幅:65.0 cm、スタンドの奥行き:20.3 cm、重量:9.7 kg

■価格

最低価格 : 4,999ドル(日本円で約55万円)
フルスペック価格 : 推定 約17,000ドル(約190万円)?

様々なハイスペックな機能が積まれてますが、DTMer的には膨大な音源などを抱える為、
何気にストレージをSSD 4TBに出来るのは嬉しい所(自由に入れていくとすぐに埋まるかとは思いますが)。

このスペックなら4K時代の動画編集とかも捗りそうですね。

現在発売されている通常のiMacのスペックを上げると、iMac proを購入した方が割安になるので、
よりハイスペックなiMacを求めている方には非常にメリットがあるのではないでしょうか。

※さらに、海外メディアでは同スペックをWindowsで自作したとしても差額は300ドル程度しかないと発表。

一体型としてコンパクトでスッキリしたデザインや、スタイリッシュなメタルボディなどを考えると(Winだと部屋の中で沢山場所を取るタワーや、ケーブルだらけになったり、ツギハギなパーツやプラスティックなボディなど見た目は×)、そういったコストパフォーマンスといった観点で見ても十分問題なさそうです。

ソース : PC Gamer

Apple - iMac pro 公式サイト

Amazon - Apple製品リスト

関連記事

ブログの情報はこちらで配信してるよ!

 - ニュース速報

ここに広告コード