エレキギター&ベース初心者がまず手に入れるべきオススメ周辺アイテムはこれ!!

      2017/06/08

kon1誰にでも初心者の頃がありますよね。
僕は高校で楽器を始めて、大学の軽音部で初めてバンドを組みました。
4月で新学期も入ったこんな時期なのでエレキギター&ベースのオススメ周辺アイテム10選をピックアップします。
基本的にギターもベースも共用のものが多く(弦とアンプとケース除く)、使い回す事が可能です。

シールド(ケーブル)

これは無いとどうしようもありません。
エレキという事でアンプ等にシールド(ケーブル)を繋がないと音が鳴りません。
長さは3mがオススメ!それ以下だと部屋では若干持て余すがスタジオでは絶対短い。逆にそれ以上だとスタジオでも持て余し気味になるかと思います。

低価格帯オススメ
CANARE(カナレ) 予算2000円

ハイコストパフォーマンスな国産シールド
CANAREのケーブルは様々な実際のプロの音響現場のケーブルにも採用されているので安心できる製品です。
特徴はナチュラルでフラットな音

中価格帯オススメ
CAJ(CUSTOM AUDIO JAPAN) 予算3000円

こちらもハイコストパフォーマンスなシールド
特徴は柔軟で軽く、素直な音

中価格帯オススメ
BELDEN(ベルデン) 予算5000円

定番中の定番。歴史が古いのもありほんとに誰もが使っているのでイメージも可もなく不可もなく…いわゆる一般ピーポー的なシールドです。
特徴はオーソドックスでバランスの取れた音

高価格帯オススメ
Free the Tone
Free the Tone製品一覧
ハイエンド国産シールドです。
クリアで楽器の美味しい音がくっきりと出てくるようで、このシールドを使った後だと他のシールドが何枚か膜掛かったような感覚がします。

初心者なら…
安すぎても自身の音作りが上手くいかない理由にしてしまってはいけないのでCAJ辺りが値段的にもバランス取れていてオススメです。

チューナー

これも必須。
とくに練習の時にずっと音程がズレたままやってしまうと音程がズレたまま脳が大丈夫なんだと認識してしまい音感が狂ってしまいます。
練習の際は毎回各弦必ず確認するようにしましょう。

オススメ クリップ型チューナー
KORG(コルグ) AW-4G-BK PitchCrow-G

いちいちエフェクターに繋がなくてもヘッドにクリップのように挟むだけで音程が取れます。
安いですしほんとに便利なので1台は持っておきたいアイテムです。僕も使ってます。

オススメ ペダル型チューナー
Tc electronic PolyTune2 mini

手頃な値段でしかもオシャレで可愛い!
そしてコンパクト!
普段スタジオとかに行って機材運んでいるとほんとに疲れます。
なのでこういうコンパクト軽量なエフェクターにすると幸せになれます。

KORG Pitchblack

とにかく安いです。
ペダル型チューナーは精度はどれも大して変わらないので安いエフェクターでと考えた場合これが良いです○

ピック

ピックは人によって選り好みがあり、色々試してみるのが良いですが大まかにおにぎり型ピックとティアドロップ型のピックがあります。

おにぎり型ピック

三角のおにぎりみたいな形をしています。
ベーシストやコードを多用するバンドをコピーするギターやギターボーカル等に向いています。
ベーシストならHEAVYの固いタイプがオススメ。

ティアドロップ型ピック

速弾きや技巧的なフレーズ等、単音フレーズを駆使するリードギターに向いています。

ただ、向いているというだけなので色々試していって自分のしっくりとくるピックを選ぶのが良いです。

スタンド

始めて間もなく、とにかく安いのが欲しい!
という場合はこの折りたたみ式のスタンドが良いです。

ただ、安定性はあまり良くはない。

ある程度ちゃんとしたものが欲しい場合、
実際の現場、スタジオ等でも使われているこれがオススメです。

間を取ったものならコレ

※注意※ラッカー塗装等、ギターやベースの塗装によっては長時間のゴムの接触で溶ける場合があるのでとくに高いギターやベースの場合ラッカー塗装の可能性があるので注意です。

メトロノーム

最近はスマホとかでも鳴らせるので無料アプリ等を入れると良いです。

ギター/ベース用の御三家は
DAddario(ダダリオ)
ギター用 / ベース用

ERNIE BALL(アーニーボール)
ギター用 / ベース用

ELIXIR(エリクサー)
ギター用 / ベース用

一番オススメはダダリオ。一番オーソドックスです。

アーニーボールは人によってダダリオよりハイファイないい音がすると言ったり言わなかったりといった感じですが、若干弦の持ちは悪め。

エリクサーは少し特殊で、弦を長持ちさせる為に弦を囲んでコーティングしています。なので音や使い心地(値段も)的にはかなり好き嫌い分かれるのでダダリオやアーニーボールに慣れてきたら試してみるのが良いです。

あとエリクサーは弦をコーティングしている為、アースが取れないのでノイズが発生している場合弦以外を触らないとダメです。
※なお、ベース弦購入の際はロングスケールやエクストラロングスケール等、ベースの長さに注意※

ギグバック/ソフトケース

持ち運ぶ為に必要。

使い勝手を考えるとしっかり物を入れれる大きめのポケットがいくつか付いているのがオススメ。
見た目で選んでもいいですが、後々恥ずかしくなってしまう可能性大なので、ぐっと抑えて黒一色なタイプを選ぶと失敗が無いです。

ストラップ(肩掛け)

ストラップはもうほぼ見た目で選んでも大丈夫。

長さを決められた何段階かで調整するタイプは、自分の好みの長さに微調整できないのでそうじゃないタイプの方がオススメ。

エフェクター

ギター用
歪み(ひずみ)はアンプに直接指してアンプの歪みを使うのが一番音がいいです。(JC120除く)
ですが色んな利便性や予算の都合もありエフェクターは多用されています。
BOSS-BD

ベース用
ギターは正直なところエフェクターで最高に満足のできるサウンドを作るのに結構なハードルがありますが、ベースは機材的な部分で言うとかなりハードルが低いです。
なんせプロからアマチュアまでとある2つのエフェクターを使っている事が凄く多く、持参の機材的に最低とりあえずそれさえあれば満足できるからです。
TECH21 サンズアンプ SansAmp BASS DRIVER DI オススメ

MXR COMP(コンプ) オススメ

この二つのエフェクターはほんとにプロの足元にもよく置かれていますし、実際に音出ししてみてエフェクターだからちゃちいとかって印象も全くありません。
なので後は自分の音作りと腕次第、になります。
初心者的には少し値段的に張るかもしれませんが、最後まで使える機材なので少し頑張ってお金を溜めて狙ってみると良いと思います。
ベース用コンプはもう少し安いものだとコレも結構評判がいい

(家用)アンプ or アンプシミュレーター

家で音を流す為には家用の小さいアンプか、
ネット投稿や録音も考えているのであればオーディオインターフェース+アンプシミュレーターが必要です。
家用アンプ ギター
Marshall MG15CFR

自分も持っていますが歪みもクリーンもリバーブもとても気持ちいいです。

家用アンプ ベース
VOX(ヴォックス) Pathfinder Bass 10

低音は音が鳴り響きます。ギターも含め騒音問題にもなり気にしながら練習というのも大変なのでヘッドホン併用をオススメします。

PCに繋ぐ場合
オススメ オーディオインターフェイス
Roland QUAD-CAPTURE UA-55

大定番!これさえあれば初心者~中級者まで長く使えるので持っていて損は無いです。録音以外でも「良い音」で聴こうと思った時に必須です。

オススメ アンプシミュレーター
現在のアンプシミュレーターは非常に高品質です。
ギター録音を主に考えているのであればエフェクターを買うよりアンプシミュレーターを用いた方が圧倒的に良い音で録れます。
ベースの場合は上記で書いたエフェクター2つがあればオーディオインターフェースに繋ぐだけで良い結果を得られますが、それらをモデリングしたフリーソフトなどもあります。
Amplitube 4
ikmultimedia.com/products/amplitube4/

Positive Grid BIAS Desktop

有名ソフトはAmplitubeです。僕もこれを使っていますがスタジオギタリスト出身でも納得できる非常にリアルで高品質なサウンドで、UIも実機を元に作られているので非常に分かりやすいです。
BIASは新進気鋭のアンプシミュレーター。巷ではこれが一番音がいいアンプシミュレーターなんじゃないかと評判です。

TSE AUDIO BOD (サンズアンプモデリング ベース用プラグイン)
http://www.tseaudio.com/software/tseBOD
本物のサンズアンプとはツマミの位置等が変えられていたりしますが、普通に使えるフリープラグインですので入れておいて損は無いです。

関連記事

ブログの情報はこちらで配信してるよ!

 - DTM, 特集, 紹介/レビュー

ここに広告コード